学長挨拶

ホーム > 学長挨拶

学長あいさつ

片峰茂前学長等を中心に平成27年度文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択され、3年目が経過しようとしています。地方の人口減少と地域経済の縮小に対して、国は大学が地方公共団体や企業等と協働して、地域が求める人材育成や魅力ある仕事の創出を目指した事業を援助しています。

我が国の人口減少は、若い人の将来に対する不安が根本的な原因と考えています。将来への明るい希望と未来創生への強い想いや勢いがその克服には最も重要です。私は2017年10月から長崎大学長に就任しましたが、その抱負の一つとして「長崎の未来を創る大学」を掲げました。それぞれの分野で大学の持てる力をフルに発揮するための工夫により、地域へ大きく貢献するとともにグローバル化へ展開できると考えています。本事業では長崎大学は県内の5大学と強固な連携を組み、長崎が必要とする教育、観光、医療・福祉さらに海洋エネルギー・海洋環境領域で活躍できる人材を育成するために、地方創生人材育成学士プログラムを準備しています。平成30年度からは、「地方創生活動支援金」制度を実施します。そして最終年度である平成31年度までに連携大学卒業生の地元就職率を平成26年度実績の10%増へ向上させることが最も大きなミッションです。県内の行政機関や経済団体、企業関係者の皆様をはじめ多くの地域の方々との連携をいっそう強め、学生諸君とも目的を共有しながら地方創生に取り組んでまいります。

学長写真
長崎大学学長 河野 茂