新着情報

  • TOP
  • 新着情報一覧
  • 九州・沖縄COC/COC+合同シンポジウム IN ながさき 2018 開催

新着情報

九州・沖縄COC/COC+合同シンポジウム IN ながさき 2018 開催

開催日:2018年10月20日(土)

長崎大学が当番校として、「九州・沖縄COC/COC+合同シンポジウムINながさき2018」が10月20日、同大文教キャンパス文教スカイホ-ルで開催されました。
今回は、九州地域戦略会議教育環境づくりプロジェクトチ-ム(県知事会、宮崎県知事リ-ダ-)との共催で「若者にとって魅力ある地域になるためには~企業・大学・行政に求められること~」をテ-マに特別講演、先進事例発表(3件)パネルディスカッションが行われ、大学関係者、行政関係者、企業から約120人の参加がありました。

一般社団法人日本インバウンド連合会理事長中村好明氏による「観光立国革命と地方創生~地球を元気にするインバウンド~」特別講演が行われ、その後、先進事例発表として大学側から「信州から始める、地方創生人材の流れ」、産業界から「長崎海洋クラスタ-形成協議会の活動概要と海洋関連人材の育成・確保について」、行政から「九州地域戦略会議教育環境づくりプロジェクトにおける産業人材育成・確保に向けた取組等について」発表があり、引き続き、特別講演講師、先進事例者を交えてパネルディスカッションがおこなわれました。

【参加者の声】

・パネルディスカッションは、大変有意義であった。次回ではより学生の視点に立った議論を!COC+の今後の自立化を見据えた方策(産学官のそれぞれの役割)についても議論を!
・今回は、産業人材育成フォーラムとCOC/COC+の合同シンポジウムでしたが、同じような課題を新しい視点、他の機関からの意見が知れて良い機会となりました。
・地方創生がせまられる中、自分の立場として、地域を活性化させなければならないと改めて実感する事ができた。今後、ふるさとを生徒が主体的に知る、ふるさと教育に力をいかなければならないことを実感する良い機会となりました。
・とても良かったが、特別講演、先進事例での信州大学の発表はもっとゆっくり聞きたかった。時間が短かった。
・本日は、大変貴重なお話を聞く機会となりました。ありがとうございました。中村先生のお話は勿論、勝亦先生の信州大学における取組のご紹介は今後の本学での課題となるものが残ってあること気付くことができ、また、是非、実践してみたい事例もありましたので、持ち帰り実践に向けて計画したいと思います。

特別講演:中村好明氏
特別講演:中村好明氏

パネルディスカッションの模様
パネルディスカッションの模様