COC+応接室

ホーム > COC+応接室 > オリックス生命保険株式会社 長崎ビジネスセンター長の稲次憲彦氏にご訪問いただきました。
  • COC+応接室

オリックス生命保険株式会社 長崎ビジネスセンター長の稲次憲彦氏にご訪問いただきました。

今回は、オリックス生命保険株式会社 長崎ビジネスセンター長の稲次憲彦氏に、ご訪問頂きました。
「COC+」の理念に共鳴し、一人でも多くの地元大学生が、ここ長崎に定着する為の取組み等についてお話し頂きました。

それでは、よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


長崎ビジネスセンタ-長 稲次 憲彦氏

オリックス生命保険株式会社(本社:東京都港区、以下「オリックス生命」)は、グローバルに事業を展開しているオリックスグループ(世界36カ国、総従業員約34,000人:2016年9月現在)の一員です。

1991年の設立以来、時代の変化とともに多様化するお客さまのニーズの本質を捉え「シンプルでわかりやすい」商品やサービスを提供してきました。多くのお客さまにご支持いただき、現在350万件を超えるご契約をいただいております。
お客さまのご契約をお守りするため、2016年10月に長崎県・長崎市と立地協定を締結し、大規模災害発生時における事業継続体制を強化することを目的として、本社機能の一部を担うビジネスセンターを長崎市に開設(名称:オリックス生命 長崎ビジネスセンター、以下「長崎ビジネスセンター」)いたしました。今回開設した長崎ビジネスセンターは、本社機能の一部を担う初の地方拠点で“第2本社”の位置付けとなります。


長崎ビジネスセンタ-開所記念パ-テイ-の様子

3F執務室(大)

長崎BizPORT完成予想図 上空写真

長崎BizPORT完成予想図 全景写真

店舗前空地照明デザイン

オリックス生命は2017年4月現在、東京に本社機能を置き、長崎県を含む全国27都道府県で35支社の営業基盤を構築しておりますが、予期せぬ大規模災害等で本社機能が被災した場合でも、お客さまの契約管理や保険金支払い、その他サービスを継続的かつ安定的にご提供できる体制を整えるため、ここ長崎にビジネスセンターを開設いたしました。 開設にあたっては、長崎県を含む70地域を対象に最適地の選定を進めてまいりました。自社の安全指針に基づく多面的な評価方法を取り入れ、地震などの大規模自然災害等の発生率が低く、かつ優秀な人材・教育機関が揃っている等の理由により、長崎県長崎市に進出することに決定いたしました。
将来的には長崎の地元採用の方のみで業務を運営していくビジネスセンターとすることを前提として、開設以後、転勤がない「地域限定正社員」の採用を本格的に開始し、2017年4月には100名を超える体制となっております。
今後も毎年100名前後の正社員の採用を予定しており、将来的には600名規模の正社員体制で業務を運営していく予定となっております。
特に新卒採用につきましては、ビジネスセンターの中核を担っていただく幹部社員を採用することを意識し、毎年20名前後の地元大学生を採用していく予定です。

「人口流出が続く長崎県において、大学卒業生の地域定着率10%増を実現し、供給した人材により地域産業の活性化に貢献する」という「COC+」の理念に共鳴し、一人でも多くの地元大学生がここ長崎に定着するようビジネスセンターの幹部社員採用という面で、長崎県・長崎市に貢献していきたいと考えております。

2017年4月現在の業務運営状況といたしましては、コールセンター業務および人事業務が中心となっておりますが、2017年7月以降は新契約の引受査定業務、2018年以降は保険金・給付金の支払査定業務および名義変更や住所変更等の各種保全業務を随時長崎にて開始する予定となっており、まさに本社機能の一部を担う“第2本社”として展開していくことが決まっております。
昨年10月、長崎市内の別のビル内に事務所を開設しましたが、人員の拡大に伴い2017年4月現在地のビルに移転しております。
現在は長崎市万才町にある「NTTコム長崎万才ビル」の3階から5階にビジネスセンターを開設しており、7月より追加で入居する2階を含めた延べ床面積は約2,900平方メートルで、300名体制となるまではこのビルで業務を運営していく予定です。

また、2019年の3月末には収容人数が現在のビルでは限界となる予定ですので、2年後にはさらに別の新築ビルに転居することが決まっております。
2年後に入居予定の新築ビルは、JR長崎駅から長崎港をつなぐ観光動線であり、長崎県が策定した総合戦略における「金融バックオフィス構想2020」の戦略エリア内に立地しますので、将来的には長崎を代表するオフィスビルとなることを想定しております。
この新築オフィスビルの上層6階から11階、延べ床面積約6,000平方メートルという眺望も良く落ち着いたオフィス環境で安定的に業務を継続していく予定です。

オリックス生命としましては、働きやすいオフィス環境を準備し、長崎の優秀な人材が活するビジネスセンターとして確固たる基盤を築いて長崎県・長崎市と共に今後とも発展していく会社を目指してまいります。

平成29年8月2日



長崎ビジネスセンタ-長 稲次 憲彦